2005年10月13日

ステルス(★★★★☆)

機影がレーダーに探知されないように、電波吸収塗料を塗るなどの”ステルス技術”を駆使して特殊設計された、史上最強の戦闘機。
的の防空網をすり抜け、要撃を受けずに長距離侵攻爆撃が可能で、敵戦闘機に気づかれずに先制攻撃ができる。
また、エンジンの排熱を抑え、赤外線誘導ミサイルの攻撃を受けづらくしている。
(by パンフレット)



ステルスという戦闘機があるというのをはじめて耳にしたのは、いつだったか・・・

湾岸戦争??

いつでもいいんだけど、初めて聞いたときは、少し、いや、かなり恐ろしい感じを下のを覚えている。


レーダーに捕まらないなんて、使う人次第でやりたい放題ぢゃないですかっっ!!


そんな戦闘機が無人化、人工知能を載せてしまったら・・・。


「優秀な3人のパイロットと、自我に目覚めた人工知能との戦い」


人工知能が自我に目覚めるというのは、ターミネーターをはじめとして、もはやありがちなパターン。


そして、人類との戦い!人類の勝利!



ん〜〜、これがありがちなストーリー展開ね♪



なんて予想して映画を観に行ったんですけど、そんなベタな展開を見せつつ、


「あ、こうくるの??」


・・・と、予想外のストーリー展開をみせてくるこの映画。


なにより、スピード感がすごいね♪


人工知能搭載のステルスが自我に目覚めてからは、一息入れる暇もないし。


アクションでもスカッとするというストーリーではなく、むしろその手に汗握る感じのせいで脱力感のほうが強かったりもしますが、おもしろかったです♪



最後の最後で、


「これ、悪用されない?大丈夫??」


・・・と、その後のストーリーがちょっと気になりますが・・・(爆)


それにしても、ジェシカ・ビールの鍛え上げられた肉体には、かなりビビる!(・・・結局、女優の話(笑)・・・)

水着のシーンでも、ついつい


「すげー鍛えてあんな〜〜」


・・・と思ってしまいました。




本当は、シンシティを観ようと思っていたのに、仕事の都合で間に合わず、ちょうどいい時間帯にやってたのがこれだった・・・というチョイスをした分、かなり満足して映画館を出ることができました♪
posted by Okiraku KING at 23:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ステルス
Excerpt: 先行などの前評判が異様に悪かったけど、観てびっくり。個人的には満足。あまり期待せず、深く考えなかったのがいいのかも。けっこう迫力満点。中身より映像で楽しむ映画の一つだね。だけどやっぱ内容は問題アリ。
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2005-10-14 23:55

ステルス
Excerpt: 10月19日(水) 『ステルス』見てきました。 サイトのレビューを見ると、賛否両論あるみたいですが、個人的には面白かったっ♪ 音響や、映像の迫力がすごすぎて、ずっと気が抜けない感じ。
Weblog: step by step 
Tracked: 2005-10-19 22:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。