2005年09月26日

ファンタスティックCフォー[超能力ユニット](★★★☆☆)

タイトルに評価いれてみました。
この場合、5つ中3つってこと。

分かりますよね?



原作は、1961年に発表されたアメリカンヒーロー・コミックスの映画化。


ヒーローものでは必須の要素だけど、善と悪が非常に分かりやすいのがいい。



ただし、次回作があることを前提で観ないと、


「これで終わりかよっっっ!」


って感じがしなくもない。

なんせ敵と4人の戦闘シーンはたったの1回ですから(笑)



もう少し絡みがあってもいいんじゃない?



次回作があるならそれでよし。




ジェシカ・アルバ、いいですね〜(…結局、こればっか(笑)…)


普通の服着てて透明になるとき、服脱ぐシーンもあるんですが、妄想キングにはたまらないでしょう(爆)



次回作への期待も込めて、ホシ3つってことで。
posted by Okiraku KING at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。