2005年09月11日

選挙

自民党圧勝のようである。

各局みんなしてそう言っているし、どうやらそうなりそう。



それにしても、今回、ボクが思うに、自民圧勝に導いたのは、紛れもなく、マスコミたちではないだろうか?


自作自演の気がしてならない。



あくまでもボクの印象だが、今回の選挙は

郵政民営化の「賛成派VS反対派」の選挙となってしまっていた(・・・これはみんなそういう認識だよね?・・・)。


郵政民営化を強行したい小泉政権をとるか、そうでない人たちをとるか。


スポットは完全に「郵政民営化」である。

連日連夜、郵政民営化なのである。



これ、賛成派にはいいよね。これやるってのが明確に示せて。


でも、反対派は、郵政民営化反対なことだけがクローズアップされて、

「まあ、反対はいいとして、他に具体的なことは??」

ってのが、いまいち・・・っていうか全然印象に残らない。


結局、郵政民営化がいいにしろ、悪いにしろ、自民党は改革を実行できそうな政党って印象がある。
しかも刺客まで送っちゃったりしたもんだから、「強い意思」までも示せたんじゃないか?


今の日本には、なんとなくいろんな問題がありそうっていう危機感が蔓延していることもあって、


なんとかしてほしい!!
変えてほしい!!


って人がけっこう少なくないと思う。

なんとかしてほしいもの、変えてほしいものは具体的じゃなく、なんとなく・・・ってのが多いだろうけど、変化を求めている風潮はあると思う。


そんな人からすれば、郵政民営化反対の報道ばかりされてしまった政党に対しては、


じゃあ、どうすんだよっ!!


っていう印象になる。
結局今と変わらないのか・・・みたいな。


ボクのように、朝のニュース(半分ワイドショーのようなものだが・・・)と夜のちょっとしたニュースをなんとなく流して観ているような人には、少なくともそういう印象になる。


この程度しかニュースに触れてないってのは、きっとボクが悪いんだろうけど、けっこう多くがそうじゃないかと思うんだよね・・・



余計なお世話だけど、野党は、郵政民営化のことはほどほどに流して、自分たちの政策をもっと前面に出しておけばよかったのに・・・と思う。


ま、郵政民営化は反対ってことで、それ以上ないんだけど、そんなことより我々は・・・


みたいに。


それでも、報道は郵政民営化の「賛成VS反対」だったのかな〜??


小泉さんの策略だったら、してやったりだよね、これ。
いずれにしても、他の野党はマスコミにつぶされちゃった気がするのは・・・



ちなみに、選挙にはちゃんと行きましたよ!!
posted by Okiraku KING at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6816935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。