2006年05月30日

ダ・ヴィンチ・コード(★★★☆☆)

2006年 アメリカ映画 150分
原題 THE DA VINCI CODE
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン ジャン・レノ


映画館、今年11本目。


世界中でベストセラーの映画化。

ちょっと前、土曜日のレイトショーで観ようとしたら、完売していて、本日リベンジ。

平日レイトショーにしては、ずいぶん人が入っていました。

ボクは、基本的にレイトショーで映画を観ていますが、少なくともココ最近では一番多く入っていましたね。


で、ストーリ。

ある夜、ルーブル美術館館長ジャック・ソニエールの死体がルーブル美術館で発見される。

その姿はとても奇妙で、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィルス的人体図」を模していた。

それは、瀕死の状態で、自らが作り上げたもの。

不可解なメッセージとともに。


大学教授のラングドン(トム・ハンクス)は、フランス司法警察に呼び出され、捜査協力を求められる。


当日、ソニエールと会う約束をしていたから


・・・というのが、表向きの理由で、実はメッセージの中に名前が記されていたから。


現場に訪れると、死体はまだそのまま。
事態が飲み込めないまま、困惑するラングドンの前に、暗号解読官ソフィー(オドレイ・トトゥ)が現れる。

実は、ソフィーはソニエールの孫であり、ラングドンの無実を確信していた。

2人は警察をだまし、逃走する。


ソニエールが殺された理由、ソニエールが守り続けた謎を解くために。



ボクの感想は、


すでに本を読んだ人には、物足りないでしょう。


「謎解き」というよりは、結論まで余計なものを排除していかに2時間半で到達していくか・・・ということに重きが置かれている感じ。


ま、そうするしかないでしょうけど。


現に、クリプテックスの暗号は1回だけですから。


原作を読んでいると、そのあまりの展開の速さに、


もう、ここ??


・・・と思わざるを得ないでしょうが、2時間半がそれほど長く感じないのも事実。


原作を読んでないと、どういう感想になるんだろう・・・


それがちょっと気になるところではあります。


原作読まずに映画を見に行った人の感想を知りたい!


そう思った映画でした。


ボチボチってところかな?


ダ・ヴィンチ・コード.jpg


posted by Okiraku KING at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。