2006年04月26日

北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章(★☆☆☆☆)

ずいぶん前、確か「県庁の星」の次の日に観に行きました。

今年9本目。



199X年、世界は核の炎につつまれた!
海は枯れ、地は裂け・・・
あらゆる生命体が絶滅したかにみえた・・・

だが・・・

人類は死滅していなかった!!





この映画が、こんな感じで始まったかは、もはや定かではありませんが(笑)、ケンシロウが南斗十人組手に挑んでいるところから、物語は始まります。

その後どうなるかは、マンガと一緒。
10人目は、南斗白鷺拳の使い手シュウ。

ケンシロウは1撃でやられてしまい、南斗十人組手の掟により、

すべての相手を倒さなければ、生きては帰れない

という中で、シュウは自分の目と引き換えに、ケンシロウの命を救う。


そして、時は世界大戦勃発により、すべての文明が崩壊、再び暴力が支配する世の中になっていった。


そんな中、


拳王と名乗り、世界の統一を狙う北斗長兄・ラオウ。

聖帝と名乗り、恐怖による支配を目指す、南斗鳳凰拳の使い手・サウザー。


それぞれが、その力をもって、勢力を拡大。



基本的には、原作を大きく外れることなく、ストーリーは進んでいく。


大きく違うのは、ラオウ軍の拳王親衛隊長がレイナという女性で、それなりに存在感のあるキャラクターになっている。


・・・が

「ラオウ伝 殉愛の章」

となっているのは、なぜなのかは全く不明(笑)


基本が原作に忠実なので、それと違ったものとしては観れないかったせいか、結局、ケンシロウがサウザーを倒すところまで話は行くのだが、どうしても、主役はケンシロウで、レイナとラオウの話は、わき道程度な印象。


本当に、ラオウが主役のつもりだったのか?



このまま、ほぼ原作どおりに、マンガの最後までいってしまうのか?

この作品は5部作の予定。


それにしても、阿部寛のケンシロウ、思った以上に悪くない。

いや、むしろいい♪

宇梶剛士のラオウは、ちょっとラオウのイメージと違う感じもする・・・
宇梶剛士本人は、過去にラオウのようなときがあったようですが(笑)


あと、気になったのは、キャラクターが遠くに描かれているときの画が、かなりいい加減な感じで、思わず


おいおいっっ!!


・・・と、突っ込みたくなるところ。

ちゃんとやってくれよ〜、ちゃんと・・・。


実写版にならなくてよかったですが、続きを観るかどうかは疑問。


少なくとも劇場では・・・(苦笑)
posted by Okiraku KING at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

KT Tunstall / Eye to the Telescope




イギリスの女性シンガー。

ラジオを聴いたときに、


おっっ??


っと思って、購入。


流れていたのは、9曲目の


Suddenly I See


いいっす、コレ!!

この曲のPVも観ましたが、ギターをガンガン弾いてる姿がかっちょいい♪


全体的にかなりお勧めのCD。
posted by Okiraku KING at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

智絵語録

綾戸智絵の、

「元気が出る本 綾戸ワールドが炸裂する90のキーワード」

ということで、綾戸智絵が新聞・雑誌、コンサート、テレビ・ラジオなどで語った言葉をもとにファンクラブ(もちろん綾戸智絵公認)が編集した本。


「息続けなさい」

から始まり、


「言いわけはだめ」

「ないを楽しむ」

「すきまのない人生」

「思い出なんかいらない」


・・・などなど、ちょっと落ち込んだときなんかに、

「そうだよな・・・がんばろう」

・・・ってきっと思える、優しい言葉とちょっと厳しい言葉が集まっているという感じ。


・・・現在、ボクは落ち込んでいないですが、

「そういう考え方は大事だよなぁ」

・・・とつくづく思うところがありました。


こういう考え方、ボクがよく読んでいる原田隆史先生や佐々木かをりさんの本でもそうですが、いろいろな本で書かれてあることと表現は違えど、いいたいことはけっこう同じ気がする・・・


・・・ってことは、

「本当に大事なんだろうな」

・・・って思います。


ちょっと落ち込んだときに、すぐに取り出せるといい本。




posted by Okiraku KING at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

サイコロ1/粗大ゴミで家を作ろう/闘痔の旅

サイコロ1.bmp



ついに購入しました。

「水曜どうでしょう」のDVDたち。


1996年10月。

北海道テレビ(HTB)で、ある深夜番組がスタート。

ぶっ飛んだ旅番組(笑)


これね、おもしろいよ、はっきり言って。

くだらないことこの上ないところがたまりません(笑)


とりあえず、これが「始まり」。


1回観たら、完全保存版にしておいてください(笑)


そう、本人たちが言ってしまうほど、恥ずかしいみたいです。

まだまだ手探りな感じが、これまた新鮮。

まず、大泉洋の髪型がノーマルですから。


サイコロ1:

「風呂入っただけだぞ、四国でオイ」
「ぼくね、痔です」


粗大ゴミで家を作ろう:

「ヤラセのように置いてあるなぁ」


闘痔の旅:

「ガンガン海の水が入っちゃってるよ!」
「なんで!そんな方向に向かうんだよ!」


・・・さっぱり分かりませんね(笑)
posted by Okiraku KING at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

綾戸智絵

行ってきました、

綾戸智絵ライブ


スイートベイジル STB 139 @六本木


同僚に誘われて。


とにかく、彼女から出てくるものは、まさに





でした。


ぶっちゃけ、知ってる曲はほとんどなかったですが、歌がどうこうというよりも、その歌っている彼女が、


本当に楽しそうで。

本当にうれしそうで。

本当に幸せそうで。


あのキャシャな体から出てくる、すさまじいパワーを、元気を注入してもらったって感じ。


1時間半、アンコールも入れて、10曲ちょっとかな?

1曲終わるたびに、MCが入り、粋な大阪弁で、爆笑を誘うトーク満載・・・と思いきや、いや、もちろん、おもしろい話もたくさんあったけど、それ以上に



感謝の気持ち


を伝えてきました。



自分が歌えるのは、皆さんのおかげです



この気持ちを、惜しみなく伝えようとしているのが、伝わってきました。


そういえば、先月初めに見学した、松虫中学校陸上部、ココのキーワード(・・・って勝手に決めたけど(笑)・・・)もやっぱり


感謝


でした。


やっぱり感謝の気持ちが人を大きくするんだろうなぁ。


改めてそう思わせてくれるライブでした。


それにしても、TVで見る彼女は、まぁ、ボクは歌っている姿をちゃんと見たことがなかったので、


ちょっと下品なおばさん(ゴメンナサイ)


・・・って印象だったけど、歌っているその楽しそうな、幸せそうな姿は、


cuteで、sexyで、funnyって感じ


元気、いただきました♪

ホントよかったです。



誘ってくれて、ありがとうございました!!
posted by Okiraku KING at 21:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダ・ヴィンチ・コード

やっと読み終わりました。

同僚に「おもしろい」ということで、ずいぶん前から借りていたのですが、先が思いやられるほどの厚さ・・・


なかなか手をつけることができなかったんです・・・(言い訳)


そんでもって、3月末ごろから、ちょっとずつ、読み始めました。


感想を言えば、


話題になって、映画化されるだけはある



・・・と納得するくらい、おもしろかった♪


読み始めると、うっかり没頭しそうになるくらい、きっと時間があれば、本当にすぐ読み終わるんじゃないかなぁ。


その展開もさることながら、もっとも興味深かったのは、キリスト教に関する記述。



「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている」



・・・ということらしい。


少なくとも「最後の晩餐」、観に行きたくなりました。

ボクが以前、ミラノに行ったときは、改修中で、観覧者数が制限がされてたんだよな、確か。

そんなこんなで、行かなかったんだけど、今度イタリアに行くときは、


ぜひ観に行ってみたい!!


そう思いました。


ちなみに、最後のパスワードだけは、本で解答にたどり着く前に、ピンときて、分かりました。



この「ダ・ヴィンチ・コード」、来月映画化なんですが、ぶっちゃけ、


これ、失敗してるんじゃないかなぁ・・・


そう思えて仕方ありません。

少なくとも、映画を観ようと思っている人は、原作は読まないほうがいいんじゃないかと・・・


それくらいの傑作でしょう。


posted by Okiraku KING at 07:54| Comment(0) | TrackBack(5) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

千円札は拾うな。

ずいぶん前に読み終わったんですが、ちょっとブログを更新する暇がなくて・・・といつもの言い訳(苦笑)


「常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」
−アインシュタイン−



この言葉から始まる。


けっこう、ズバッと書かれていて、読みやすい。


まず、一番最初が、

勤勉は悪、努力は報われない

ですから(笑)


読めば分かりますが、別に「勤勉」を否定しているわけではなく、「勤勉」とか「努力」の定義が昔と今とでは違っていて、昔のような「勤勉=真面目に勤める」「努力=長い時間やること」ではない、ということ。


新しいやり方を考え、実行することが「勤勉」であり、もっとも短い時間で成果を出すために工夫することが「努力」だということ。


つまり、勤勉の反対は、「怠惰」ではなく「不変」。


そんなところから始まり、




優秀な人材には仕事をさせない


自分でできることは自分でしない


タクシーに乗るのに理由は要らない


質の追求に限界はなく、量の追求に未来はない


変化値は捨てられるものの量で決まる


即決にこそ、価値がある


「似合うスーツ」を選んではいけない



・・・などなど。


けっこうライフスタイルを考えさせられる本ではある。



オイラの場合、仕事の効率・成果をどんなにあげても、それによって給料が上がらない。

そんな人は、むしろ仕事が増えてしまうので、この本に書いてあることとはまさに対極だったりする。


これが、現在の仕事へのモチベーションを低くしているところではあるが、それでも効率がいいことに越したことはないし、成果が出るに越したことはないと、なんとかがんばっていこうと思う今日この頃(爆)


こういう本を読むと元気が出ます(核爆)


けっこうお薦め♪



posted by Okiraku KING at 23:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

紅とん、再び…

image/okiraku-king-2006-04-08T00:57:43-1.jpg


相変わらずめちゃめちゃ混んでましたが、まいう〜でした♪
posted by Okiraku KING at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

県庁の星(★★☆☆☆)

2006年 日本映画 131分
監督:西谷弘
出演:織田裕二 柴咲コウ 佐々木蔵之介 和田聰宏


シムソンズから1ヶ月経ちましたが、再び邦画で、今年8本目。


野村聡(織田裕二)はある県庁の公務員。
それもトップ入庁で、書類の作成が超はやいトップ公務員。

「政治は人の上に人を作り、人の下に人を作る」を信条に、そのきちんとした仕事っぷりで、ガンガンと出世街道を歩こうとする。

婚約者は、建設会社の社長令嬢。


もはや、


向かうところ敵なし??


・・・といったところ。


次なる野望は、総工費200億円を超える(・・・かな?たぶん・・・)老人ホーム?の建設、ケアタウンプロジェクトを自らの手で成功させること。


そんな中、民間企業との人事交流研修のメンバーに選出され、半年間、民間企業で働くことになる。


その研修先が・・・



三流スーパー「満天堂」



そして、野村の教育係が、年下パート店員、二宮あき(柴咲コウ)。

二宮はパートながらも、このスーパーでのキャリアは一番長く、他の店員からの信頼も厚い。

野村も年下に教育されるのが不満ではあるが、


コレも出世のため・・・


と割り切る。

そんな野村が負かされた最初の仕事は・・・


客がほとんどこない寝具売場(笑)


野村は言う。

「これでは研修にならない。もっと仕事がしたい」と。


二宮は反論する。

「いきなり来て、仕事を任せられるわけがないでしょ」と。


とりあえず、寝具売場で仕事をすることに、いやいやながら同意した野村は、


「じゃあ、接客マニュアルをいただきたい」
「組織図は?」


・・・と。


ここから始まる、野村のスーパーでのダメっぷり。

そして、挫折。

そこから、スーパーの建て直し(改革)。



ま、分かりやすいストーリー。


もっとコメディータッチな部分があるのかと思って、期待をして観に行っただけに、ちょっと期待はずれ。


そう思わずに行けば、それなりにおもしろいはず。


ま、可もなく不可もなく、スクリーンじゃなくてもいい映画かな?


そんなボクの余計な期待感は置いといても、内容としては「仕事」のことを考えさせられるもの。


慣例に従い、変化を好まず、常に上


みたいな体質。

特に、「慣例に従い」「変化を好まず(恐れ)」というのは、ボクの職場での典型的な姿でもある。

その中で、作業要素の強い仕事に対しての「マニュアル」もほとんどなく、長年の経験で何とかやっている、というのも僕の職場の典型的な姿(笑)


この映画で言えば、スーパーと県庁が同居しているような感じ(笑)


最近は、気になるところは勝手にやっちゃっていますが、常に「改善」を意識することは、やっぱり大事だなぁと思う今日この頃。



そんな職場で働いている人は、この映画を観て、活力にしてくれてもいいかもね。



県庁の星.jpg




県庁の星公式サイト
posted by Okiraku KING at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

'06/02&'06/03の検索ワードランキング

'06/01検索ワードランキング

以降、すっかりなりを潜めていました(謎)が、本日、ココに復活!


・・・というわけで、2か月分を一気にやってしまいます(笑)


まずは、

####### '06/02検索ワードランキング #######

'05/12、'06/01と2ヶ月連続1位となった、紅とんが注目!


そんなわけで、第1位は・・・




















紅とん

いや、マジっすよ、マジ!!

なんなんだろうね、紅とん。


紅とん@日本橋


以下はこんな感じ。カッコ内は先月の順位(10位以内のみ記)

第2位 日本橋(3)
第3位 葬式ごっこ(4)
第4位 ミリオネーゼ、映画
第6位 汐留塾(9)
第7位 ジャーベット
第8位 食事(7)
第9位 http://okiraku-king.seesaa.net/
第10位 佐々木かをり、どれ味(2)



ハイ、そんなこんなで、続けて・・・


####### '06/03検索ワードランキング #######

「紅とん」の4ヶ月連続制覇なるか、それとも新たなチャンピオン誕生となるか!!


気になる(・・・ならない?)第1位は・・・

































シムソンズ



なんとなんと、長期政権を築こうとしていた「紅とん」に、待ったをかけたのは、女子高生4人組のシムソンズ!!
ひそかにブームになりつつあるカーリングが、そのストーンを使って、人気の串焼き店をハウス(カーリングの円ね)の中心からはじき出しましたぁぁ!!

ここに新たなクイーンがたんじょ〜〜〜っですっっ!!

(注)クリスペプラー調


シムソンズ




そんなわけで、以下の順位はこんな感じ。カッコ内は先月の順位。

第2位 紅とん(1)
第3位 葬式ごっこ(3)
第4位 汐留塾(6)
第5位 日本橋(2)、ジャーヘッド(7)
第7位 アンフェア
第8位 どれ味(10)
第9位 十々、西麻布



グルメか映画あたりが強い中で、「葬式ごっこ」が常に上位にいることからも、この本を手に入れたいと思っている人が多いということか?


すでに廃盤となっている本。


ぜひ、文庫で復活してほしいもんです。
posted by Okiraku KING at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。