2005年12月27日

忙しい人の3時間快眠

1日は24時間。


その限られた時間の中でやらなければならないこと、やりたいことをこなしていかなければならない。


以前紹介したミリオネーゼの手帳術だったと思うのだが(・・・現在貸出中のため、ちょっと自信ないけど(笑)・・・)、


「自然に目が覚めてしまったら、それはもう寝なくても大丈夫というからだのサインなので、二度寝をしないで行動を開始する」


というようなことが書いてあった。


それを読んで以降、ボクの場合、4時以降に悪夢にうなされることなく、トイレに行きたい衝動に駆られることなく、自然に、あくまで自然に(笑)、目が覚めてしまったら、寝ないで、適当に行動するようにしている。


確かにそういう起床のときは、4時に起きても全然平気なんですよ、これが♪


睡眠って、生きていく上でとても重要なものだろうから、その仕組みってのは知っておいてもいいだろうし、短くてもいいものならば、睡眠を効率よくすることで、さらに自分の時間が増えるなら・・・ということで、読んでみたのが、この「忙しい人の3時間快眠」である。


睡眠の仕組みから、8時間睡眠には根拠がないことや、快眠できるようになるための生活方法まで、けっこう幅広く書いてある。


浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠というのが、約90分の周期でやってくるらしく、そのレム睡眠とノンレム睡眠それぞれ1回分の、計3時間で、睡眠の必要量をクリアしているということらしい。


もっとも、質のいい睡眠であることが必要で、無理やり短くするのはよくないとのこと。


どうすれば、質のいい睡眠をとることができるのか・・・これが一番難しいのだが・・・(苦笑)


とりあえず、この本を読んで、半身浴を少しだけ意識している。


この時期、やっぱり半身ってのは寒いので、今日はいいや♪って日も多い。


??睡眠時間??




最近、自然に起きるということはほぼなく、早くに眠くなるので、ますます長くなっていますが、なにか??(爆)



第1章 睡眠の仕組みを理解する
第2章 惰眠は人生の無駄遣い
第3章 ストレスが多いと快眠できない
第4章 3時間スーパー快眠法

3時間快眠 エド・メソッド

posted by Okiraku KING at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。