2005年11月29日

紅とん@日本橋

紅とん.jpg



マラソンの翌日、猛烈な筋肉痛&右足痛にも負けず、行ってきました。


けっこう久々の、紅とん@日本橋


大衆居酒屋?のような雰囲気かもし出してるもつ焼き屋。


本日は月曜日。

19時ちょっと過ぎに到着するも、すでに満席(驚)

しかし、もう少しで席ができるという(謎)



お店自体、


ちょっと飲んでく?


的にも使えるような感じ。


値段もかなり良心的で、そのうえ美味い。
何度も行きたくなるようなお店。


ガッツリ飲んで、気がつけば、終電を逃す(核爆)



深夜バスとタクシーを駆使して、帰ってきたのは午前3時ごろ。


昨日42.195kmを制覇して、本日この愚かっぷり。


自分って、タフだなぁ♪と感じた1日でした(笑)


・・・ただのバカでしょ?(自爆)




住所: 中央区日本橋2-2-20 八重洲仲通りビル一階
電話: 03-5205-3081
定休: 日曜・祝日
営業時間 平日: 15:30 - 25:00 、 土曜: 15:30 - 23:00

posted by Okiraku KING at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

第30回河口湖マラソン(5時間13分)

おそらく、ボクの30年の人生で最大かつ最も無謀なチャレンジな一日。


朝3時に出発。


職場の人2人と、その友人3人。


そのうち、職場の人1人とその友人3人は、フルマラソンどころかトライアスロンをやっているツワモノ。




そもそも・・・なんでこんなことになったのか・・・



話せば長くなるんですが、昨年この大会の27km(河口湖一週コース)のマラソンに出ました。

そのとき、とくに15km過ぎたあたりからは

あと100m走ったら行ったら歩く?
あそこまで行ったら歩く?
前にいる後ろ姿がかわいい子のとこまでは行こう(爆)

・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

・・・・・v(o ̄∇ ̄o)♪・・・・・

・・・の繰り返し(笑)

大体3時間半でなんとか歩くこともなくゴール。

達成感がメッチャあったのと同時に、


やっぱ長距離は大っキライ


ということを認識した一日でした。



まず、このとき、出場することになったきっかけは、

はじめ、誘われたときは、サクッと断ったんです、サクッと。


が、そのあと、ボクより歳が3つ下(職歴でいうと先輩ですが)の同僚が、同様に誘われ、


サクッと了解したんです、サクッと。

「あ、でま〜〜す♪」

って。


その、さらっとした感じに、負けず嫌いなボクが登場し、


これじゃ断ったオイラがヘタレじゃないかっっ!!

「じゃあ、出ます(爆)」


みたいな・・・。



今年もそんな感じです(核爆)


全く成長していないわけですよ・・・



そんなわけで、結局ろくにトレーニングもせず(・・・なんせ最近は、ジムも行けてないですから(爆)・・・)、当日を迎えたわけです。


職場の先輩が車を運転してくれ、ボクはもう運ばれるだけ。
な〜〜んにもすることなく、スヤスヤとしているうちに現地に到着。


朝はとにかく寒い。
走るという事実がなくても、ブルーになる気温(0.1度だったらしい)・・・


朝、7:15ギリギリに受付を終了させ、軽くストレッチをして7:45のスタートを待つばかり。


一応、開会式のようなオープニングセレモニーもあり、末続選手他、何人か来ていたようです。


その中でも、注目はカントリー娘(笑)


2年前の夏、北海道旅行で次の目的地もなかったので、メンバーが誰なのかも知らないカントリー娘に会うために、コースを大きく外れ、花畑牧場へ行ったものの、カントリー娘に出会うことなく、せいぜい牧場長・田中義剛を発見して終わったということがありましたが、2年越しの念願達成か?


末続選手とカントリー娘が激励の言葉をいい、末続選手がスタートの号砲を鳴らし、大会スタート。

スタート台で、末続選手とカントリー娘が手を振っているを確認♪


カントリー娘、どれが誰だかさっぱりわかりませんが(爆)




ここからはマジメに。

たくさんの人が参加しているので、最初は本当に走るのが大変。
スペースをうまく探して、邪魔されないように・・・というのに神経を使う。
時にはぶつかったりもしちゃうんで、何気に体力消耗するところかもしれません。

とりあえず、4時間のペースランナーを探して、その人についていくことに。


もちろん女性(爆)


余計なことを考えず、この人の背中(オシリ)を追いかけること(・・・すでに余計なこと?・・・)に集中。



混雑した中での走行だったので、ペースが一定じゃないような気がしましたが、とにかく何も考えずについて走りました。


おそらく15kmは過ぎていた頃、トイレに行きたくなり、お手洗いがあったところ(各ポイントで給水所、トイレが用意されています)で、そのペースランナーを離れました。


用を足してすぐに走ったわけですが、これが目標物を失ったボクにとっては地獄の始まりでした・・・


だんだんと苦しくなってきて、中間点で、まだ半分か・・・と後ろ向きな感じに、距離をすごく意識するようになりました。



26km地点、まず最初の時間制限ポイント。

ここは、27kmコースの人と河口湖2週目(フルマラソン)の分岐。

当然、27km参加者はここから、ゴールのほうへ曲がります。

当然、なんで27kmにしなかったんだろう・・・と激しく後悔(笑)


ちなみに、この時点で、なんと前回のタイムよりも約1時間早い(爆)

これは、最初にペースランナーについていったおかげでしょう♪



そして、30km過ぎたあたりからは、去年20km過ぎたあたりで感じた、「急に体が重くなった」とは比にならない苦痛が襲ってきました。


まず、右足(特にヒザ)がメッチャ痛くなり、ココはあっさりと心が折れてしまい、歩くことを選択。
今回は、ゴールさえ出来ればいいと思っていたところもあったので、歩くこと自体は、自分の中では、「よし」としていました。

・・・と言っても、ずっと歩いていては、その後の制限時間ポイントを通過できないので、少し歩いては、走り、歩いては走りの繰り返し。



当然、準備をしなかったということを、激しく後悔しました(笑)


・・・まあ、この「準備をしなかった」ということが、逆にボクをリタイアさせなかったの1つの原因でもあったのも事実ですが・・・。




そして、



ドラゴンボールがあったら、ゴールまで飛ばしてほしいってお願いしてぇ



なんてことを考えるようになりました(爆)


しばらくすると



こんなことなら、ドラゴンボール探しやっといたほうが楽だったよ・・・



・・・と、もはや現実逃避の状態になり、


残り5kmくらいのときには、



ドラゴンボールがあったら、体力を走り始めたころに戻してくれっっ!!って頼むので十分だよ・・・



・・・と、普通の状態なら、「ギャルのパンティーお〜〜くれっ」以下の願いをかなえようとしていました。


もっとも、そのときのボクにとっては、これ以上のない願いであったわけですが。



走ってるとき、景色を堪能する余裕はもちろんなく、後半は、きっと60cmくらい先のアスファルトを見てることがほとんどだったと思います。




そして、最終的には、もうなんとかゴールすることができれば・・・ということくらいしか頭になかったです。


結果、5時間13分でゴール。
制限時間が今回から30分延びて、5時間半。
つまり、前回までだと、ゴールができなかったという、なんとも幸運な状況にも恵まれて完走Tシャツをゲットしたわけです。


ゴールして、一番最初に思ったことは、純粋に



ゴールできてよかったぁ・・・



でした。


当然、一緒に行った人たちの中ではドンケツです。

つうか、みんなすごいよ。

ボクはもう足ガクガクでしたが、経験者たちは普通に歩いてました(驚)



紅葉キレイだったね〜〜


なんていってましたが、ボクには記憶にありません(政治家風)


一緒に行った人の中には、57歳の人がいて、4時間弱で完走、そしてメッチャ元気。
いや、世の中にはすごい人がたくさんいるもんです。




そして、改めて、


高橋尚子、あんたはエライよ・・・


本当にそう思いました。


彼女の2年前の東京国際マラソンでの失速。
そりゃ、そんなこともあるよ。


・・・っていうか、30kmとか35kmあたりでむしろペース上げるってのが、恐ろしいです(笑)


今回の経験で、マラソンの見方もずいぶん変わると思います。


また、この経験が、自分にとって大きな財産のひとつになってくれるんじゃないかとも・・・。
posted by Okiraku KING at 14:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

頭のいい人、悪い人の仕事術

久々に本の紹介。


ボクはこういう類の本がけっこう好きで、読むたびに自分の行動を確認するのだが、すぐに忘れてしまうのも事実(笑)


当たり前の考え方が記されているのだけれども、その当たり前のことがなかなかできないのが人間というもの。



きっと、当たり前のことが、当たり前のことのようにできる人ってのが、すごい人であり、尊敬できる人なのだろう。


この本、アメリカ人が書いているので、少しアメリカ的な発想もありますが、ま、その感覚の違いは、あんまり関係ないでしょう。

大事なことは世界共通でしょうから。


程よい量でまとめられているので、読みやすかったです。


今の自分にとって必要だと思われること、そうでないこと、選びながら読んでいけばいいかなと思います。


ボクとしては、PART 6「格好つけてたって仕事ははかどらない!は大まちがい。」での感覚が一番大事かなと。


「なりたいようにふるまえば、やがてそれは実現化する」という外から内を変えていこう感覚。


自信を持ちたければ、自信たっぷりにふるまえばいい。
勇気のある人間になりたければ、勇気ある行動をすればよい。
効率的になりたければ、すでに自分が効率的な人間であるかのようにふるまえばいい。


まずは、座っている時や歩いている時の姿勢から。


もちろん、自分を疑って慎重になるときも必要だろうけど、こういう感覚は絶対必要でしょう。



少し、仕事のやり方で悩んでいる人は読んでみてもいいのでは??


PART 1:つきあいも仕事のうち!は、大まちがい。
PART 2:大事なのは、早さじゃないんだよ!は大まちがい。
PART 3:夢は、心の中にしまっておくものだ!は大まちがい。
PART 4:片づけるヒマがあったら仕事しろ!は大まちがい。
PART 5:大小かかわらず、すべての仕事に全力を注げ!は大まち
      がい。
PART 6:格好つけてたって仕事ははかどらない!は大まちがい。
PART 7:仕事を人まかせにするな!は大まちがい。
PART 8:失敗の原因を徹底的に分析しろ!は大まちがい。
PART 9:成功するには情報ばかり追いかけていてはダメだ!は大
      まちがい。
PART10:石の上にも三年、継続は力なり!は大まちがい。


posted by Okiraku KING at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

初練習

なんのって?


今週末に行われる河口湖マラソンのためですよ(笑)


いやね、自分でもここまで練習しないとは思いませんでしたよ。


つうか、ナメ過ぎですね・・・

なんとなく過ごしてたら、もう今週末って感じ。



先日は、高橋尚子選手は肉離れにもかかわらず、完走どころか優勝!


・・・「肉離れした」っていういいわけも使えないか・・・(爆)


ちなみに、本日は30分間、約14km/hの速さで走りました。
距離にすると7kmくらい?


・・・死ぬかと思いました・・・



・・・なんとか時間内に完走できればなぁと思っていますが、一方で、こんなんで完走しちゃダメだろっ!!と思う自分もいます・・・


さてさて、どうなることやら・・・
posted by Okiraku KING at 20:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

NHK紅白歌合戦

今日の朝のTVにて。


今年の紅白歌合戦の司会者


SMAP 中居正広

女優 仲間由紀恵

最有力候補!!








フタを開けてみたら、




みのもんたと山根基世アナに決定



・・・このギャップはナニ?( ̄□ ̄;)
posted by Okiraku KING at 23:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

十々@西麻布

image/okiraku-king-2005-11-11T01:24:17-1.jpg


十々西麻布店。


まんぷくコース(1人前4500円)。


サラダ
塩タン・塩カルビ
タレカルビ・タレロース・ミノ
ご飯・スープ
デザート(シャーベット)


名前のとおり、満腹になりました♪



美味かったですが、ま、値段相応って感じかな?
posted by Okiraku KING at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

食生活

食べるということ。


生物が生きる上では、とっても大事なこと。


最近、非常に面倒くさい(爆)


だってね、家の周りには、ファミレスくらいしかないのよ、これが。

職場の回りもそんなに食べるところが多くない。

「とんかつ」とか、「そば系」とか、ある程度ジャンルが絞られてしまうお店がほとんどなので、


今日は○○を食べるか〜〜


っていうテンションがないと、ちょっと辛いのだ。


ファミレスだって、いろんな種類があっても、食べたいものは限られるし。



前の職場&住居では、そういう面は豊富だったので、困らなかったのだが、現在は、


・・・なんでもあんまり変わらないや・・・


となってしまって、コンビニの「おにぎり数個とサラダ」で終わってしまうことも(苦笑)



もはや、あんまり楽しみがない状態だったのですが、


本日、職場の最寄り駅の近くで大戸屋を発見!!


今まではバイクや車で通勤してたこともあって、無料駐車スペースのない、この駅にはあまりようがなかったのですが、最近、ちょくちょく自転車で通勤することもあって、食べるところを探してみたら偶然!!


いつからあったんだろう・・・


いやね、大戸屋って、ハンバーグみたいなのもあれば、和食もあって・・・何より魚料理が豊富なのがいい!!のよ。


ボクとしては、けっこう食べたいものも多く、しばらくは毎日行っても飽きないくらい、メニューがそろっている感じがします。


ココ最近、なに食べるか考えるのが面倒になってから、ず〜〜っと、


近くに大戸屋があったらなぁ〜〜


・・・と切望していただけに、今日の発見はかなりデカイ!!

家から、チャリで15分くらいなので、これからしばらくは、相当行きそうな気もします♪
posted by Okiraku KING at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病気

はまりまくっています、ルービックキューブ。



頭使いまくりなので、1日疲れきっています・・・

それでも、夢中になって夜もやっているので、寝不足です・・・

仕事中もこればっかです・・・

最近では、頭の中でもキューブ回しまくっています・・・


あまりに困るので、最近は家には持って帰らないようにしています・・・


ここまで、何かにはまったのは、相当久しぶり。

何以来だろ???


僕は観てないですが、テレビでちょくちょくすげー人が出てるらしいね。

6面そろえるのに、12秒だとか、配置を全部覚えて、目隠ししてそろえるとか。


ちなみにボクは、6面そろえるのに、まだ10分以上かかってしまいます。

20分はかかっていないと思うんですが。


この頭を使う加減がはまっている原因なんでしょう。



先日、攻略本を見に行きました。もちろん買うつもりで。

でも、立ち読みしてみると、キューブの動かし方が複雑すぎて、よく分からない(爆)

いろいろな方法があるようだけど、パターンも多いし、1つのパターンの動かし方も複雑だし・・・。

そんなわけで、買うのは辞めました。


ついでに、myキューブもまだ買っていませんが(笑)


これ、まだまだ続きそうです。
posted by Okiraku KING at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

最近、はまっているもの

これです、これ。







そう、ルービックキューブ。


職場の先輩に渡されて、格闘中なわけです。

一応、その先輩から方法も教えてもらったんですが、はじめはそれには頼らずやってみたんですが、難しいね、これ。


一番問題なのは、3手、4手先の配置が頭の中で描けない(爆)


頭が固くなったせいなのか、そもそもそういう思考が苦手なのかは分からないですが・・・。


第一、教えてもらった方法を実践しても、完璧に理解しているわけではないので、途中で混乱して、ハチャメチャになっているし。


最近のルービックキューブには解説書が付いているらしいですが、それとは違う方法らしい。


とりあえず、ネットでも解説はあるんでしょうが、何とか見ずに・・・といっても、いろいろと教えてもらっているので、もはや自力でってことにはなってないですが(苦笑)・・・カチャカチャやっているわけです。


これが、本当に時間がつぶせる!!



・・・っていうか、


えっ、もうこんな時間??( ̄△ ̄;)


ってなっています・・・(笑)



そんなわけで、昨日も夜ずっとやっていたわけですが、本当にあとわずか(確か3つくらいの位置がずれていた)というところまでやってきて、


う〜〜〜ん


なんて、うなりながらやってると、


うっかりそろってしまったのです(爆)


確実によくわかってないです( ̄− ̄)


でも、そろった状態になったということで、教えてもらった動かし方をいろいろ試しながら、


あ〜〜こういう風に動くのか〜〜


ということを再実感できるというところまでこぎつけました(笑)


とりあえず、攻略本みたいなのも出ているようなので、買ってみようかと。
そして、今は借りているので、myキューブをゲットしようかと(爆)。


まだまだ熱は冷めない感じ。


しかし、これは本当にいいね。



ボクが小学校の先生ならば、いや、中学1年生くらいでもいいかもしれないけど、算数の時間にやらせるでしょうね、間違いなく。


ま、まずはなによりも自分が攻略するのが先ですけど(苦笑)
posted by Okiraku KING at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

思わぬ遭遇

御殿場から帰還後、ジムに行く。


ボチボチと行っていますよ、ジム。

スローペースですけど(笑)

やることはいつも変わらないので、さすがにここでは書かないですし、今日もやったことはほぼ変わらず。


それにしてもスローペースだから、鍛えては戻り、鍛えては戻り・・・の繰り返しなんだろうなぁ(爆)



そんな、いつもと変わらぬジムでのトレーニング。


しかし、今日は違ったのです。


なんと、大学の先輩Oさんがいたのですよ!!



ビビりました。



ボクは、火曜日は基本的にはジムの日ではないので、今まで会わなかったらしい。

ボクはトレーニング終了後、Oさんはこれから・・・という状態だったので、少し話をして別れましたが、こんな偶然ってのもあるんですね〜。



その後、久々に足裏マッサージに行き、お気に入りの中華料理屋で「レバニラ炒め」を食べ、本日のやりたいと思ったことを全部こなしました♪
posted by Okiraku KING at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御殿場プレミアム・アウトレット

富士霊園の最寄のインターは御殿場。


御殿場・・・


御殿場といえば、アウトレットモール♪

行った人からは、めちゃでかい、めちゃ混みということを聞いていたが、今日は平日。


めちゃでかいは変わらないでしょうけど、めちゃ混みではないでしょう!!!


せっかく御殿場に来たので、行ってみる。



・・・でかいね・・・


横浜のベイサイドマリーナなんて、めじゃないよ!!


でかすぎて、お店もたくさんありすぎて、逆に困る(笑)


ブーツカットのパンツに合いそうな、ブーツを探してみるも、微妙な感じ。


アウトレットにくると、「安くないと・・・」と思うところもあって、きっとかなり割り引かれてるんだろうけど、1万以上してしまうと高いなぁとか、思ってしまう。


結局、安くてもデザインがいまいちだったり、デザインがまぁOKでも値段がちょっと・・・ということで断念。


アウトレットにあるものって、やっぱり微妙で、そもそもデザイン的にもこれだよ、これ!!っていうのは少ない。


まぁ、いいか〜


っていう感じのものが多いので、買うのに


即決!!


というわけにはいかないのだ。



結局、家に着いたころには、


買っといてもよかったかな・・・


と思うわけだが(爆)。



ぶらぶらしてみて、手ごろなニットのジャケットを買って終了♪


それにしても、いろんなお店があって、1日いてもおもしろいかもしんない。

最近、ボクのお気に入りである「MEN'S MELROSE」もあったし。


また、行こっと♪
posted by Okiraku KING at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

墓参り

本日はお休み。


ちょうど特別な用事もなかったので、叔母の墓参りに行くことに。

お墓は富士霊園にあり、こんな天気のいい日だと、ドライブがてら♪にもちょうどいい。



叔母は、10年前、46歳でガンで他界した。


ボクは20歳、もう助からないと聞いたときは、かなりショックだったのを覚えている。


亡くなったときももちろんそう。

早朝に亡くなったという連絡があって、電車に乗って叔母の家に向かった。
けっこうな道のりだったので、電車で寝てしまったのだが、起きたら最寄り駅は過ぎていて、一番最初に思ったのは、


「叔母が死んだのも夢じゃないか?ボクは寝ぼけてココに来ちゃったんじゃ・・・」


くらい思ったもんだ。



ちょっと思い出・・・

叔母は関東に住んでいて、ボクは西日本在住。

歳の近いいとこもいたので、ほぼ毎年、春休みに上京して遊んでいたが、会うのはそれくらい。

数回、ボクの実家のほうにも遊びに来たけど。


叔母はよく遊んでくれ、とても楽しい人だった。

とても「あったかい人」。


ボクが大学受験で上京したとき、試験の1週間くらい前からこの叔母の家に行って、のんびりと過ごし、試験前日に大学の近くのホテルに泊まっていた。


関東に親戚がいるというのが、まずありがたいことではあるが、試験前の1週間、本当にリラックスした時間を過ごせた。


あせったり、気負ったり・・・とにかく、試験直前に、そういう類の気分を一切もった記憶がないのは、ボクの性格のせいもあるだろうが、きっと叔母のおかげだったのだろう・・・と今は思う。



「1リットルの涙」という本をこのブログでも紹介した。

現在、ドラマもやっている。

不治の病の少女の日記が本になっているのだが、ボクの叔母も日記を書いていた。


叔母の死後、入院から他界する直前までを冊子にしたのだが、ボクからすると、「1リットルの涙」よりも、やはり知っている人(しかも身内)の日記のほうが、感情移入がしやすいよね。


特に、叔母は「ガンで余命わずか」ということを知らないままだったので、当時の不安・葛藤がつづってあって、いろいろと考えさせられるものもある。


ま、墓参りに行った日なんかには、帰ってきてその日記を開いてみたりするわけだ。



それにしても、富士霊園、お墓のあるところからは、見晴らしがとってもいい♪


ボクは、ココに魂があるとか、そういう霊的なことは信じないけど、どうせなら景色がいいとこにお墓があるほうがいいね、きっと。
posted by Okiraku KING at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。